恵比寿駅徒歩4分、リンパマッサージ、アロママッサージのエステならAglaiaMondo(アグライアモンド)

女性ホルモンには

月経後から排卵までの期間に分泌量が増える
エストロゲン

排卵後から月経までに分泌量が増える
プロゲステロン

この2つのホルモンからできており、両方がバランス良く分泌されることがとても大切です。

エストロゲンは、「美のホルモン」と言われており、髪や肌を艶やかに保ったり女性らしい体型を作ったりと、女性にとって嬉しい作用が多くあります。
さらに、骨や血管を丈夫にしてくれたり連動して分泌量が増えるセロトニン(幸せホルモン)の影響により、心も前向きになりやすく、心身の美容と健康の要となります。

プロゲステロンは、「母のホルモン」と言われており、妊娠に備えて体温を上げたり子宮内膜を厚くフカフカにする働きがあります。
水分を溜め込みやすくなるので、むくみやすく便秘になることも。
美容にとって良いことばかりではないのですが、エストロゲンの過剰分泌で子宮体ガンや乳ガンのリスクを高めるのを、プロゲステロンが打ち消す作用を持っています。

よって、2つのホルモンがバランス良く分泌されている状態が女性にとっての美と健康を保つ重要なポイントとなります。