恵比寿駅徒歩4分、リンパマッサージ、アロママッサージのエステならAglaiaMondo(アグライアモンド)

何故疲れてしまうのか

疲れの種類には、体を使いすぎて疲れる肉体疲労とストレスなどが原因で起こる精神的疲労があります。
肉体疲労は筋細胞を、精神的疲労は神経細胞に負荷をかけすぎて起こったものだと考えられます。

疲労とは、疲労物質が体内に溜まっている状態ですが、疲労物質を体外に排出するためには、血流の良さが不可欠になります。
血流が良ければからだにたまった疲労物質がどんどん体外に排出されるため、自然と回復が早く疲れにくい体になっていきます。

 

生活の乱れで血の流れが悪化

血行が悪くなる原因は、

  • 甘い物や冷たい物の食べすぎ
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足

などにより、基礎体温が36度以下の低体温や冷えにあります。

生活が忙しすぎたり緊張するようなストレスが多い時は交感神経が過剰に働き、血管が収縮して血流が悪くなるなど、自律神経の乱れがひきおこります。

甘い物や油分の多い物など、栄養の偏った食べ物を必要以上に食べる事で血液がドロドロになり、血管もボロボロになる。
このような食生活の誤りも血行が悪くなり疲労物質がうまく排出されず疲れがとれない原因になります。

 

疲れを癒すリンパの働き

主なリンパ節は、首、脇の下、お腹、鼠径などにあり、そのリンパの働きは次のようなものがあります。

1.リンパ管が、余分な水分や老廃物、脂肪を回収し、リンパ節に運びろ過する。下水道の様な役割

2.体内に侵入したウイルスや細菌をやっつける。免疫機能

 

リンパと疲労の関係

リンパの流れが滞ると、水分が滞留し、むくみ、老廃物が溜まる。
⇒それがさらに進むと、老廃物?脂肪?水分 が結びつき、セルライトができる。
⇒さらに、肥大化した脂肪細胞や老廃物により、血管が圧迫され、冷えが起こる。

⇒その結果老廃物に含まれる疲労物質により疲れやすくなる。

こうして疲れがたまってしまうのです。

また、免疫が低下し、風邪や病気に対して抵抗力が弱くなってしまいます。体調を壊しやすく、風邪なども治りにくくなってしまうので、しっかりリンパを流すことが大切になります。

 

リンパマッサージで血行を促進、疲労回復

血液が心臓から送り出させるのに対して、リンパにはポンプの役割をしてくれるものがありません。
リンパは、リンパ管の収縮運動や周りの筋肉の動きなどにつられて緩やかに流れるため、運動不足で筋肉の動きが少なかったり、筋肉が凝り固まっているとリンパ節自体も固くなり、リンパが流れなくなります。

疲れを癒すためには、マッサージなどでしっかりリンパを流し、血行を良くすることがとても重要なのです。